中高年に選ばれる転職サイト|堅実に攻めたい方へおすすめ特選

*

1.目に留まる応募書類を作る

 転職活動の第一歩は「履歴書」や「職務経歴書」を作ることです。そもそも中高年の転職は、求人そのものが若い層よりも少なく、倍率が高くなりやすいと言われています。企業も時間節約のため、書類選考をかける場合があるのです。ですから、まずはその書類で勝負をしなければいけません。
 今までやってきたことは新しい会社でどのように役に立つのか?持っている資格は?というところはもちろん、特技や趣味の欄まで空欄が内容にしましょう。ハロワークなどでも履歴書の作成について相談にのってもらえますので、不安な方はそういったところも利用しましょう。

2.転職サイトを上手く使おう

 求人を探す時、利用したいのが転職サイトです。できるだけ多くの求人を見てよく比べたいところですが実は、転職サイトは「探す」以外にも「スカウトを待つ」という使い方があります。スカウトは自分の情報を入力することで、それを見て興味を持った企業から連絡をもらえる、というものです。
 こちらから働きかけるだけではなく、企業側からもアプローチをかけてもらえるので、転職のチャンスが大きく広がりますね。パソコンを使うのが得意な方は、この機能も積極的に使っていきましょう。

3.面接を攻略しよう

 さて、ようやく面接に漕ぎつけたら、あとは本番に挑むのみ・・・というのは間違いです。面接が決まったら面接までにやっておきたいことがあります。それはどんなことなのでしょうか?面接のポイントを見てみましょう。
 
 ★ここがポイント!
 ・ポイント1 面接の練習は必須!必ずシミュレーションをしておこう
 ・ポイント2 履歴書をなぞるだけでなく、一歩突っ込んだ受け答えを用意しよう
 
 いざ面接となると、意外と緊張するものです。面接の経験があまりない方は特に、面接の流れを練習するようにしておく方が安心ですね。また履歴書と同じことしか言えないのであれば、面接をする意味がありません。履歴書にプラスワンで受け答えすることが、内定につながります。

おわりに

 中高年の転職は、決して楽なものではありません。しかし、実際に内定を勝ち取っている方も大勢いらっしゃいます。求人を探す段階からしっかりと準備をし、ストレスのない転職活動をしたいですね。

リクナビNEXT
詳細
★★★★★
・転職者の支持率No.1の転職サイト!
・スカウト機能など便利なサービス多数
・転職活動の幅がグッと広がる

公開日:
最終更新日:2015/04/01