中高年に選ばれる転職サイト|堅実に攻めたい方へおすすめ特選

*

中高年の転職を成功へ導く5つの手順

 転職の流れを大きく5つに分けて紹介します。どれも転職には欠かせないものばかり。

 「転職しよう」、「転職したい」、そう思ったらこの5つのポイントを踏まえ、転職市場へと名乗りを上げてみましょう。これらを知らない人よりも良い結果が残せるはずです。
 

就職・転職準備

 最初にしておきたいのが転職準備。転職というもの自体を理解することから始めた方がいいかもしれません。

 思っているよりも困難であること、社会や企業のニーズによって成否が変わってくること。当然ですが、転職者の能力や行動力によっても結果が変わってくることも知っておく必要があります。
 
《 関連記事 》
役割と方法を知っておきたい自己分析
勘違いしたくない企業研究
在職中・退職後、転職に最適なのは?
 

求人情報

 求人情報は集めれば集めるだけ良い、というわけではありません。質が高い集め方をしなければほとんどが無駄になってしまいます。

 求人を集める前に、「どのような求人を欲しているのか」、これを整理した上で収集するようにしなければなりません。
 
《 関連記事 》
多種多様な仕事探しの方法
業界動向との適切な距離感
ブラック企業に騙されやすい人とは
 

履歴書や職務経歴書

 履歴書・職務経歴書も求人情報収集と似たような要素を持っています。「どのような自分を見せたいのか」、これを整理しておかなければなりません。

 知ってもらいたい部分、アピールできる部分、これの整理なくして良い応募書類は書けないのです。
 
《 関連記事 》
悪い志望動機を知って良い志望動機を生み出そう
実績に固執した自己PRはNG?
人生の縮図とも言える職務経歴書
 

面接

 面接は、アピールするという点では応募履歴と同様ですが、直接会話をし、質問に対して答えるという形のため、柔軟さや臨機応変さが発揮できなければなりません。

 対策としてはシミュレーションを重ねること。この反復練習によって面接に対応できる能力が身に付くのです。
 
《 関連記事 》
面接マナーは控え目な態度から
印象を上げる自己紹介
面接でのアピールは服装から
 

退職・入社準備

 中高年の方は転職することに精一杯となり、退職に関する活動に力を注ぎきれないこともあるようです。それではいけません。

 退職後も良い関係を保てるようにしてこそ、晴れ晴れとした気持ちで転職できるもの。全力を振り絞って退職のための活動を行うようにしてください。
 
《 関連記事 》
円満退職の一般的な流れ
入社手続きは確実に、慎重に
入社の挨拶で注意したい点
 

公開日:
最終更新日:2015/03/20