中高年に選ばれる転職サイト|堅実に攻めたい方へおすすめ特選

*

人生の縮図とも言える職務経歴書

      2015/04/01

人生そのものを見られています

 職務経歴書を言い換えるとすれば、それは人生の縮図となるのかもしれません。もっと細かく言うと、社会人人生の縮図。

 履歴書と合わせることで、本当の人生の縮図となるわけですが、やはり転職希望者には、この社会人人生の縮図をどう見せるのかが成否の鍵を握ります。

 ということは、この書類で見られるポイントというのは、社会人としての生き方やこだわりと言えるでしょう。

 どのような会社でどのような能力を身につけてきたのかは、まさに社会人としての生き方に関わる部分。

 それを引っさげて応募してきたわけですから、その動機や理由、どのスキルを新天地で活かそうとしているのか、どの能力を伸ばそうとしているのかといった「こだわり」、これも企業としてはチェックしないわけにはいかないのです。
 

考える能力があるかを見られています

 職務経歴書の見られるポイントは非常に多い。生き方やこだわり、これだけではありません。

 フォーマットの選び方は適切であるか、この書類の書き方として適切であるか、頭の中にあることや経験などを上手く文字で表現できているのか、アピールの仕方はその応募者の経験に則したものであるのか。こうしたこともチェックされています。

 ただし、これらの見られるポイントは、無意識なことも多いようです。「違う表現の方がいいのでは?」と具体的に思うよりも、「なんかよくわからん」と思う人事担当者もいるようで、しかしその意識は採用の可否に必ず繋がるわけですから、見られるポイントとして抑え、違和感や不備のない職務経歴書を書くことを作成中終始、意識しておいた方がいいでしょう。

 - 応募書類作成

  関連記事

no image
実績に固執した自己PRはNG?

実績と同時に未来志向をアピール  自己PRを書く時には、実績を伴わなければなりま …

no image
悪い志望動機を知って良い志望動機を生み出そう

漠然とした志望動機は控えるべし  志望動機の悪い例や傾向、これを知っておきましょ …