中高年に選ばれる転職サイト|堅実に攻めたい方へおすすめ特選

*

入社の挨拶で注意したい点

      2015/04/01

表情や言い方が重要な入社挨拶

 誰かの挨拶を聞いた時があると思います。それをイメージしてみましょう。

 それが初めて目にした人物であれば、きっと話した挨拶の内容はさほど頭に残っていないのではないでしょうか。それよりも印象や雰囲気の方が残っているはず。

 あなたが新しい会社へと入社を果たした時に行う挨拶も、これを参考にするべきです。

 柔らかな表情や滑らかな口調、しかしハッキリとした言い方で丁寧な挨拶を心がければ、それだけで入社の挨拶というのは成立するものなのです。

 文言をこれでもかと熟慮して考えておくよりは、良い雰囲気を醸し出せるかどうかの練習をしておいた方が、ずっとあなたの印象はアップするでしょう。
 

自ら挨拶するとポイントアップ

 入社後には、あらゆる場面で挨拶をする機会が訪れます。「ここで挨拶してください」と前もって言われることもあるでしょうし、その場でいきなり「では、挨拶を」なんて言われることもあるかもしれません。

 そうした促される形で行う挨拶の他にも、自ら挨拶をすることも是非、実践してみましょう。こうした行動は、通常、個人個人に行うもの。

 席が近い人、一緒に仕事を行うことになった人、食堂などで会った人、帰り道が同じであったり同じ電車に乗った人など。

 もちろん、相手もこちらを認識していなければなりませんが、「同じ会社の人だ」と判断したら、自ら挨拶しに行くようにしてください。

 これだけで周囲の、あなたに対する印象が随分と変わり、打ち解けやすくなるはずです。

 - 退職と入社準備

  関連記事

入社手続きは確実に、慎重に

入社手続きに必要な主要書類  入社の手続きで少し面倒に思ってしまうのが、書類の数 …

円満退職の一般的な流れ

退職活動の始動時期  円満退職に必要なのは、適切な退職の時期を見極めることです。 …