中高年に選ばれる転職サイト|堅実に攻めたい方へおすすめ特選

*

悪い志望動機を知って良い志望動機を生み出そう

      2015/04/01

漠然とした志望動機は控えるべし

 志望動機の悪い例や傾向、これを知っておきましょう。履歴書や職務経歴書というのはプラスの要素を考えることも必要ですが、マイナスの要素をどれだけ減らすか、これもポイントを稼ぐために重要なこととなります。

 漠然とした志望動機、これはマイナスのポイント稼ぎにしかなりません。良いことを言っているようで中身がない、将来のことを見据えているようで曖昧である。そんな志望動機では、「真の動機」とは捉えてもらえないでしょう。

 「志望している」という部分よりも、「動機」の部分を深く掘り下げなければなりません。それが出てきたからには必ず理由があります。

 もしそれが自分でもわからないのであれば、その企業への応募は控えるか、自分や企業ともう一度向き合い、その理由を見つけ出す努力をしなければなりません。
 

消極的な志望動機も控えるべし

 中高年の傾向として、積極性が失われている、ということがあるようです。前の会社を辞めざるをえなくなったり、「なんとなく」という気持ちで転職を試みたりすると、どうしても積極性は失われていきます。

 応募書類の志望動機にそれが出てしまっては、これも大きなマイナスポイントとなってしまうでしょう。必ず積極性を見せなければなりません。

 「自分でもやっていけると思ったから」や、「(消去法で)もうこの会社しかなかったから」といった理由が消極的なのはわかると思います。でも、このくらいの気持ちを志望動機として書いてしまう中高年はとても多い。

 こうした志望動機は絶対に避け、年齢はいっているが非常に前向きである、というイメージを与える言葉を選び出しましょう。

 - 応募書類作成

  関連記事

no image
実績に固執した自己PRはNG?

実績と同時に未来志向をアピール  自己PRを書く時には、実績を伴わなければなりま …

no image
人生の縮図とも言える職務経歴書

人生そのものを見られています  職務経歴書を言い換えるとすれば、それは人生の縮図 …