中高年に選ばれる転職サイト|堅実に攻めたい方へおすすめ特選

*

面接マナーは控え目な態度から

      2015/04/01

大きな態度と無駄なおしゃべりはマナー違反

 中高年は、その長い経験と積み上げてきた実績から、どうも大きな態度で面接に臨んでしまうことがあるようです。

 確かに、面接官として座っている人が自分よりも年下だと確信することもあるでしょう。それでも態度が大きくなってしまえばマナー違反。

 年齢などは関係なく、面接を受ける側と採用を決める側というハッキリとした立場の違いがあるわけですから、その辺りはわきまえなければなりません。

 また、面接中に口数が多くなってしまう中高年の方も多い。無駄なおしゃべり、不要な開口というのも、面接時のマナーとしてはあまり褒められたものではありません。

 聞かれたことだけに答える、これが適切なマナーなのです。
 

会場を後にするまで続けたい面接マナー

 面接マナーと聞くと、それが行われる部屋に入ってから、そこを出るまでの間気をつければいいと思いがちですが、そうではありません。

 その部屋がある社屋やビルに入る前から面接は始まっているという意識を持ち、マナーや節度を守った振る舞いをしていなければならないのです。

 特に、面接後すぐにその態度や振る舞いを崩してしまう中高年が多い。一段落した途端に現実へと戻ってしまうのでしょう。

 社屋やビルにある喫煙所でタバコを吸う、社員に着やすく話しかける、ネクタイを外してしまう、首や肩を回してしまうなどの行為は完全に面接マナー違反であり、もしそれを見られたら、採用はないと思った方がいいでしょう。

 - 面接対策

  関連記事

印象を上げる自己紹介

名前だけが自己紹介ではありません  転職するための面接で、「自己紹介をしてくださ …

面接でのアピールは服装から

スッキリとシンプルな服装を  職種によっては毎日スーツを着ているかもしれません。 …